面接に関しての常識的なマナー

志望動機はハッキリ言えるように

面接では、いろいろなことを質問されたりします。
中には予想外の質問が投げかけられたりもするでしょう。

そんな状況でも、せめて自己紹介と志望動機くらいはスラスラ言えるようにしておきましょう。
これさえ出来ていれば、先方の印象はかなり良くなります。
ご家族やご友人相手に、何度か事前練習を重ねればいいでしょう。

また、遅刻や無断欠席は厳禁です。
学生時代は1回や2回遅刻したからといってそんなに問題にはなりません。
しかし、社会ではその1回の遅刻が致命傷になってしまいます。
面接はその予行練習と思って、出来れば15分前くらいには現地に着くようにしましょう。
どうしても間に合わない場合は、先方に一言連絡を入れておきましょう。

身だしなみは大切

また、これも社会人の基本中の基本ですが、身だしなみもきちんとチェックしておきましょう。

オーソドックスな身だしなみということになると、まず髪型ですが男性は清潔感のある髪型にセットし、女性は長い髪をきちんとまとめておきましょう。
ぼさぼさ頭は印象が良くないです。
それと同時に、男性はひげを剃り、女性はメイクを控えめにしましょう。

そして、スーツやシャツもクリーニングに出したりアイロンにかけるなど、きれいにしておきましょう。

また、これは年配の方に多い傾向なのですが、靴がきれいかどうかというのもチェックされてたりしますので、事前に靴を磨いておくのもいいでしょう。

とにかく好印象を先方に与えるように、小綺麗な状態で面接に臨みましょう。