面接中と後にするといいこと

いざ面接スタート!

ついに自分の番が回ってきました。

名前を先方に呼ばれたら、ノックを3回行い、「失礼します」と言って部屋の中に入ります。
ドアを閉めて一礼し、自己紹介をしてお辞儀をします。
ちなみにお辞儀ですが、最初のお辞儀の角度が30度で最後のお礼のお辞儀の角度が45度が良いとされています。

そして、座るように言われたら座りましょう。
座るときも、深く座るのではなく椅子の3分の2に腰かけるようにしましょう。
もちろん、背筋をピンと伸ばし、足もきちんと揃えて座りましょう。

これら一連の行動も、いきなりすぐに出来るというのは難しいでしょうから、事前に特訓しておくといいでしょう。
何度か練習しておくと、そのうち自然に出来るようになっていきますよ。

あと、スマホが鳴らないように電源は切っておきましょう。

面接後にこれをすると高評価

面接の流れですが、面接官によっては緊張をほぐすために雑談から始めるという人もいます。
そうなったら、素直に雑談に乗っておきましょう。

また、先方から聞かれる質問の中には、意味がわからないというものも出てくるかもしれません。
その場合は見栄を張らずに、「どういう意味ですか?」と正直に答えましょう。
逆に先方から「なにか質問はありますか?」と聞かれたら、あったら素直に聞いてみましょう、なかったら「特にありません」と言えばいいと思います。

この間に忘れてはいけないのが、面接官の目を見て会話をするように心がけておきましょう。

面接が終了したら、「ありがとうございました」とお礼を言い、ドアを閉める前に「失礼しました」と一礼してから出ていきましょう。

また、これは補足なのですが、面接から帰ってきたら会社にお礼の電話やメールをすると、先方の印象が良くなり、採用率が上がると言われています。